ES関連


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

[就活]バイトリーダーの経験の自己PR方法を面接/履歴書別に

 

まず最初に、バイトリーダーの自己PR方法や活かし方を理解する上で押さえておきたいポイントや、本当にバイトリーダーという自分の役職・経験・スキルは就活の自己PRで生かせるのかを抑えておきましょう。

 

そもそもバイトリーダーと就活の関係性とは

バイトリーダーは、その名の通りアルバイトを率いるリーダー的な存在のことですが、Wikipediaではバイトリーダーの事をこう定義しています。


バイトリーダーとは、企業経営において置かれている役職の一つ。飲食店などといった店舗で他の複数のアルバイトを統率するということで、アルバイトが円滑に働けるようにするという役割を担う者を指す。近年の就職活動では、自己PRの場面で高評価されるために、バイトリーダーを行ってきたということにしている者が多いとのこと。

Wikipediaより抜粋


この文中では自己PRのコンテクストでバイトリーダーが評価される傾向にあるとのことですが、本当なのでしょうか?

また、面接や履歴書ではどういった自己PR方法が有効なのか? 以下をしっかり読んでバイトリーダーの経験であなたの就活を成功させましょう。

 

就活でバイトリーダーは自己PRに有効に使えるのか?

 

就活で「バイトリーダーをしていました」というただ役職をアピールする履歴書の文面や面接内での発言は全く評価されません

一方で、バイトリーダーというのは数たくさんいるアルバイト生の統率から指導、さらには責任感という面ではかなりのリーダーシップスキルが問われます。

ですので、そういった部分での自分の経験やスキルをアピールするという面ではかなりポイントが高いです。この違いをしっかり理解した上でバイトリーダーの経験を自己アピールに使うのはとても有効だと思われます。

 

バイトリーダーの自己アピールの仕方実践編(履歴書&面接)

では次に、実際に就活の実践として、アルバイトのバイトリーダーでの経験や身につけたスキルをどう自己PRしていくかを履歴書と面接に分けて見ていきましょう。

 

バイトリーダーの自己PR(履歴書・面接)時に入れておきたい5つのポイント

 

バイトリーダーでの経験を自己PRとして履歴書上でうまく文面に落とす上で、ぜひ入れておきたいKY(キーワードが何個かあります)。それは以下の4つです。

 

経験、知識

自分がしているアルバイトの業種にもよりますが、例えば飲食業であったらお客様対応の方法や、ホールとキッチンの効率の良い回し方、さらにはお客様の満足度が高い接客方法。こういった経験が例えば営業職に生きてきたり、飲食関係のマーケティングに生きてきたりします。ですので、あなたが今まで積み重ねてきた経験がバイトリーダーに適任であると認められるくらいのものであったということを自己PRでアピールすると良いでしょう。

 

責任感

正社員のトップである店長等がいない日はそれに変わって代わりを務めて責任を持たなければいけないバイトリーダー。そんな責任感のあるポジションに学生のうちから立てる経験はなかなかありません。ですので、そういったバイトリーダーなどの経験がない他の人にはない責任感のアピールも効果的です。

 

調整力

アルバイトをしていて大きなポイントになってくる人間関係。社会に出たら自分が好きではない人や、自分の性格に合わない人などはたくさんで出来ます。店長や社員と他のアルバイトスタッフの間に入ることが多いバイトリーダー。そういった人と人との間の関係性を保つ調整能力は大きな自己PRポイントになるのではないでしょうか。

 

受容力

将来人の上に立つポジションの人は、自分よりも下の立場で働く人のことを理解できる存在でなければいけません。ですので、学生やフリーターなどさまざまな立場の人がいるアルバイトの環境下で相手の気持ちや状況を理解しようと努力できる受容力というのもバイトリーダーにしかアピールできない自己PRポイントになってくるでしょう。

 

参考:飲食店経営には欠かせない!?バイトリーダーの存在

 

バイトリーダーの経験の履歴書の書き方の例

 

就活の履歴書に書くときは、今まで積み重ねてきたスキル等のところに上記の4つのどれかを抑えた上で、それのディテールを経験を踏まえた上で描写しましょう。

ここでのポイントは、実際にどういったアクションを起こして、どういった結果を生んだのかが重要になってきます。


実際の例文)

私は1年生の時からコーヒーショップの○△□でアルバイトをしていました。そこのコーヒーショップでは、すぐにアルバイトが辞めてしまいシフトが上手く回らないなどの問題がありました。そこで、私が2年生になった時に自分がバイトリーダーになり、今までアルバイト生が持っていた不満やいいところを店長と意思疎通を図りながら意見を出し合い解決策を探りました。その結果、シフト制度の変更などの甲斐がありアルバイトの6ヶ月以内の退職率を40%減らすことができました。この経験から私は自分の上司と下をうまくつなぐ調整力を学びました。

 


 

バイトリーダーの経験の就活面接での例

 

バイトリーダーの経験やスキルを就活の面接の時にアピールするときも基本的につかうテクニックは履歴書と一緒です。

今まで頑張ってきたことを聞かれた時に上記の4つのどれかを抑えた上で、それのディテールを経験を踏まえた上で答えましょう。

 


実際の例文)

面接官「学生時代に頑張ったことはなんですか?」

 

あなた「コーヒーショップの○△□でバイトリーダーをしていたことです。―以下履歴書と同様―。」


 

また、こういった自己PRをするのにぴったりなニクリーチというサイトがあります。

これは、就活に向けて企業の人事の人たちにご飯を奢って貰いながら人事の方々と気軽に会話できると言う無料のサービスです。

他の就活サイトに比べて気楽に参加出来て完全無料なのでこちらもぜひ試してみることをおすすめします。公式サイトを以下に添付しておきます。

 

就活のためにバイトリーダーをしたという嘘をついたらどうなる?

バイトの経験が6ヶ月ぐらいあるから、適当にバイトリーダーをしていたと言おうというのは絶対にやってはいけません。モラル的にというよりも、すぐにそれが嘘だとバレてしまうからです。

就活における面接官というのはある程度相手の考えを知るプロですし、一度自己PRにバイトリーダーをしていたというワードを履歴書または面接で発言したが最後、より細かい詳細を質問されます。

そういった細かい質問に答えているうちに嘘をついていることがめくれてしまいます。

 

まとめ

  • バイトリーダーの自己PRは役職ではなく経験やスキルをアピールする
  • 履歴書や面接の時は4つのアピールポイントを実体験を踏まえながらPRする
  • バイトリーダーをしていたという嘘は逆効果

 

 

 

 

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

就活がめんどくさいのは当たり前、内定とるのは何が一番効率いい?

色々なタイプの人が同じスーツを着て、同じことを繰り返す…そんな就活がめんどくさいのは当たり前です。そこで、この記事ではなんでそんなに日本の就活ってめんどくさいのだろうという疑問にお答えするのはもちろん、その解決策になるべく、内定とるのは何が一番効率いいのかもお教えします。

 

なんで就活ってめんどくさいの? 理由はなんでだろう?

 就活がめんどくさい理由は大きく分けて3つあります、そんな理由を解説します。また、記事の終わりではJOBASTAなりの解決策もお教えしています。

 

1.何をしたらいいかのメドがあまりたたない

 

就活を始めよう!そろそろ就活だ!

そんなことを言われても何をしたらいいんだよ、となりますよね。

 

受験勉強の時や、学校に通っているときは何かするべきことがあってそれを先生が教えてくれていたのに

 

急に日本のごみごみした社会に投げ出されて職をさがせ!なんて言われても、かなり頭が切れる人や、ネットワークがある人じゃないと『これをすればいいんだ!』なんていうことは当然思いつきません。

 

そんな就活をしなきゃいけない!という気持ちと何から始めたらいいんだ?という気持ちが相まって、就活メンドくさいジレンマが生み出されてしまうのです。

 

 

2.就活に必要なめんどくさい書類たち

 

就活と言われてパッと思いつくのはやっぱりES(エントリーシート)ですよね。

 

今まで日本の企業についてまとめた授業なんてとったことないのに、急に日本にたくさんある企業の中から何社か宛に自分の自己アピールをしろ!なんて言われても、めんどくさいのは当たり前….

 

特にエントリーシートは企業がほかの企業へのエントリーシートを描く時間を削るために手書き指定のものもあるし、本当に嫌になっちゃいます。

 

 

 

3.めんどくさすぎる就活説明会や就活セミナー

 

何よりめんどくさいのは沢山のセミナーや就活イベントに参加しなければいけない事。

 

みんながみんな同じようなスーツを着て、みんなが全会社に第一希望を主張しながら説明会を沢山回る。

 

そんな茶番をするくらいならニートになった方がマシだ!なんていう人も出てくるかもしれません。

 

でもやっぱりいい職に手をつけておきたいですよね。だからその矛盾がめんどくさいんです

 

じゃあ、めんどくさいから何をすればいいのかとりあえず教えてくれ!

 

 

お教えします。

 

日本ではそんな就活が面倒臭い!!という人が多いことを機に、沢山の就活ツールができました。

 

就活ツールなんてどうせお金とかかかるし嫌だよ。という人もいるかもしれませんが、最近の就活ツールはビジネスプランの仕組みが

 

企業が、就活ツールの会社にマッチング成立料を払う事で運営されているので、

 

使うこちら側としてはメリットがおおきいのです。むしろデメリットはありません。

 

でも『どんな就活ツールがあるのかとか、どんな就活ツールがいいのかわからないし、無料なのにしてくれよ!』

 

という人は、

ジョブアスタが下記事で丁寧にお教えします

 

使える就活ツール比較11選【無料の就活ツールもご紹介】

 

 

 

日本の就活が海外に比べてめんどくさいのには理由がある

 

実は日本の就活は日本の企業にとってすごく効率のいい、いわばすごいリクルートシステムなんです。

 

しかし、それには就活生が沢山動かなければいけない。

 

これが日本の就活の現状です。

 

じゃあ、ほかの国はどうなの?就活時期とかはどうしてるの?

 

韓国や日本などのアジア圏を除くと、実は日本のように就活時期にこぞって企業が新卒を取るなんていうシステムはありません。

 

どうシウシステムかというと、企業が人材が欲しい時に募集して、その枠に好きなタイミングで応募する。

 

とても単純ですね。

 

当たり前のように見えて、この日本の新卒はこんな就活ができません。

 

でも、少し早めに準備しておけば、同じことがインターン探しならできます。

 

インターンというのは実は、海外から数年前に来た文化で、後者の海外リクルートスタイルです。

 

ですので、ニクリーチやwantedlyなどのツールを使って好きなインターン探しをすればきっと気にいる企業が就活なしで見つかるはずです。

 

おすすめ記事

ニクリーチの参加企業や評判、使い方を徹底解説 !!

 

 

めんどくさい就活を楽に終わらせたい解決方法は?

 

日本のめんどくさい就活について長々と話して来ましたが、上でも何度か述べたようにインターネット上のツールやアプリを使いましょう。有料の物であれば、個人でコンサルティングしてくれるところもあります。

 

こういったツールを使うことによって得れるメリットは

 

  1. ESのようなアピールシートを一枚描けばコピーして違うツールに流用できる。
  2. 待っていれば逆オファーが来るツールもあるのでめんどくさくない。
  3. 家や授業中、暇な時にポチポチ就活ができる

 

就活ツールについてもっと知りたい人はこちら

 

 

まとめ

  •  就活がめんどくさいのには理由がある
  • 日本の就活は海外に比べて実は特殊
  • めんどくさがりやさんには就活ツールがおすすめ

ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

ビズリーチキャンパスの評判や使い方、OB/OG訪問の仕組みとは?

今話題のOB/OG訪問の就活ツール、ビズリーチキャンパスの評判から参加企業、内容までまとめました

ビズリーチキャンパスとは?

 



ビズリーチキャンパスには大きく分けて登録することで使える3つのサービスがあります。

 

    同じ大学、同じゼミ。バックグラウンドが同じ先輩たちと繋がれます。憧れの企業で働くOB/OGと、共通の話題で盛り上がれるかもしれません。

 

    OB/OGへの訪問依頼が出来ます。あなたのプロフィールから最適なOB/OGをおすすめしてくれるので、人探しの手間がかかりません。気になるOB/OGを選んで、「話を聞きたい」ボタンを押せば訪問依頼完了。依頼後はメッセージでサクサク日程調整できます。

 

    就活に役立つ登録者限定イベントで、インターンやOB/OGとの交流会、就活対策セミナーなど、ここだけの限定イベントに参加できます。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

ビズリーチキャンパスの参加できる大学は?

ビズリーチキャンパスの参加できる大学は以下の複数の大学になっています。以下の大学の在学生であればこのサービスを無料で受けられるのでお得ですね!

大学数も年々増えているようなので、以下に入っていない大学生の方はビズリーチキャンパスを提供している株式会社ビズリーチのニクリーチを使いましょう。

ニクリーチの参加企業や評判、使い方を徹底解説 – ジョブアスタ

 

青山学院大学、大阪市立大学、大阪大学、大阪府立大学、関西大学、関西学院大学、九州工業大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際教育大学、国際基督大学、滋賀大学、首都大学、上智大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、名古屋工業大学、名古屋大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館アジア太平洋大学、立命館大学、早稲田大学

 

ビズリーチキャンパスの参加企業は?

ビズリーチキャンパスの魅力は何といっても参加企業の豪華さです。他のツールでは中々お目にかかれない伊藤忠、三井、SONYJICATOKYOガス等の大企業が集まっています。

これもひとえに上位校の大学にフォーカスを絞っていることからくる利点でしょう。また、このほかにも優良ベンチャーと呼ばれるメガベンチャー企業も多々参加しています。

詳しくはビズリーチキャンパスのHPを参照にしてみてください。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

 

 

ビズリーチキャンパスのイベントや評判は?

 

最難関企業からの特別オファーや、1dayインターンシップなどの他では見ることのできない人数限定のイベントに参加することもできます。就活という就活をしたことがないけど何かしなきゃ!と思っている学生の方はぜひこういった1dayインターンイベント等に参加してみるのをお勧めします。

 

また、OB/OG訪問が難しいと言われている理由として、なかなかOB/OGさんとのつながりがない事が挙げられます。なので、プロフィール欄に趣味やサークルを入れることでOBさんたちが共通点を見つけてくれるのはかなり楽という評判もネット上で多々見られました。

 

登録の際には、FACEBOOKを持っている方は連携をするとすぐに登録ができるのでお勧めです。

 

まとめ

  • ビズリーチキャンパスはOB/OG訪問だけではないサービスがある
  • ビズリーチキャンパスは無料のサービス
  • 登録はFB認証でより早くチャンスを獲得

ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

学生と社会人の5つの違いを徹底解説!面接対策もバッチリ!

学生と社会人の違いは何ですか?

あなたはこの質問に自信を持って答えることができますか?

実は、これは就活の面接でよく聞かれる質問でもあります。
また、この問いに対して正しい認識を持っている人は、社会人になってからもとても役に立つのです。

そこで今回は、学生と社会人の5つの違いを解説します。

学生と社会人の5つの違い

1.目的の違い

学生の目的は、「学ぶ」ことです。
そのために大学やその他スクールに通い、授業を受けて勉強します。
そのため、義務教育があったり、学費が国から援助があったりするのです。
またその他にも、食事で学生料金があったり、娯楽施設で学割といったものがあるのです。
このように、学生は社会から育ててもらう立場にあり、様々な経験が学びやすい環境が用意されています。

一方、社会人の目的は、「社会貢献する」ことです。
社会人は、今まで育ててくれた社会に対して恩返しをする側になります。
そのために、働いて日本の経済を回したり、次世代に向けて学びの場を提供する必要があるのです。

このように学生と社会人には、「目的の違い」があります。

2.時間に対する考えの違い

学生には多くの時間があります。
人生の夏休みとも言われているように、夏休みや春・冬休みは1~2ヶ月あります。
また、授業も毎日あることも少なく、授業があったとしても朝から夜まで授業ということは少ないです。
そのため、学生は土日や自由時間に対してあまり価値を感じていないことが多いです。

一方、社会人は基本的に週2日の休みしかありません。それ以外の日は、朝から夜まで仕事です。
また、長期休みも少なく、春や夏に1週間取れれば良い方です。普段は自由な時間があまり取れません。
そのため、社会人にとって休みの日の価値はとても高いのです。

3.責任の所在と大きさ関する違い

学生の場合、何かあった場合の責任は親や学校がとってくれることがあります。
また、普段の生活で何かやらかした場合(約束をすっぽかすや、期限までに課題の提出をし忘れるなど)でも、謝れば許されることが多いです。そのため、自分で責任をとる機会は少なく、1つ1つの責任も小さいのです。

一方、社会人は責任は自分で取らなければなりません
普段の生活で事故や事件はもちろん、会社でミスをした場合でも自分で責任をとる必要が出てきます。
また家族をもった場合、その家族の責任も取らなければいけません。
そのため、責任を取らなければいけない範囲も広く、1つ1つの責任も大きいのです。

4.人間関係(人付き合い)の違い

学生の場合、自分と気が合う人と付き合っていればよかったです。
例えば、雰囲気が自分にあったサークルに入ったり、クラスや授業も仲の良い友達と一緒に出るのが普通ですよね。
そのため、人間関係であまり困った思いをしたという人は意外と少ないかもしれません。

一方、社会人になると自分の気が合う人とだけ関わる訳にはいきません
職場内で自分と全く違う考え方や価値観を持った上司や同期、お客様、取引相手と一緒に仕事をしなければ行けない可能性もあります。そんな人たちと「気が合わないから一緒に仕事したくない」ということは通用しません。そのため、このような人たちとどのように付き合っていくかが凄く大切なのです。

5.評価に対する違い

学生の場合、評価というのは学校の成績です。
学校の成績では、テストの点数だけでなく出席点やレポートなどが加味されることが多いです。そのため、テストの成績があまり良くなくても、他の部分で頑張れば評価されることもあります。どちらかというと、「過程」が重視されています。

社会人の場合、評価というのは成果(売り上げ)です。
社会人は、成果(最終的な結果)でしか評価されませんそのため、いくら残業して努力しても結果が出なければ意味がありません。そのため、過程ではなく「結果」が全てで評価されます。

面接で聞かれた時の答え方

就職活動の面接で、「学生と社会人の違いは何だと思いますか?」という質問がきたらどのように答えれば良いのでしょうか。

上記の5つの違いを答えれば問題ありません。

しかし、この5つすべて答える必要もありません。面接官が学生にこの質問をする意図は、「この子は社会人になる準備ができているのか?」「新入社員としてウチに入って、社会人としての立ち振る舞いができるか?」を見ているのです。

そのため、上記5つのち1つか2つ答えられれば良いと思います。
しかし、上記の説明を丸暗記するのではなく、しっかり自分で解釈して自分の言葉で伝えることが大切です。

ぜひ、この解説を参考に面接に備えてみてください!!

まとめ

  • 学生と社会人は大きく5つの違いがある
  • 面接で学生と社会人の違いを聞かれたら、その意図を考えて自分の言葉で話す

ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

ゼミ長とは?ゼミ長の役割と就職での活かし方を解説!

ゼミ長になろうか迷っている
ゼミ長になったののだけど、ゼミ長のやること(役割)が分からない
どんなゼミ長が他のメンバーから求められているのか分からない

などなど、ゼミ長に関する悩みや不安の声が多くあります。

そこでこの記事では、「ゼミ長とは何か(役割)」から「ゼミ長の就職での活かし方」までを徹底解説します。

ゼミ長とは

大学生活で、文系の学生の多くが入るゼミ活動。
ゼミは、大学生になり初めて知り、経験する人が多いのではないでしょうか?

そもそもゼミとは何か?ゼミ長とは何か?という定義の部分から解説していきます。

そもそもゼミとは?

大学生活におけるゼミとは、


「大学の教育方法の一。教授などの指導のもとに、少人数の学生が特定のテーマについて研究し、報告・討論するもの。演習。ゼミ。セミナー。」(デジタル大辞泉から引用)


のことです。

自分が興味ある分野のゼミに入り、その分野を専門としている教授と、他の10~20人の学生と一緒のチームとなり、定期的に集まり、勉強していくのが一般的なゼミと呼ばれる活動です。

基本的には、ゼミ活動はゼミ生(学生)が主体となって行います。そのため、ゼミをまとめるゼミ長、副ゼミ長、企画担当、会計担当などの役割が必要となるのです。

ゼミ長の役割とは

では、その中でゼミ長の役割とは何でしょうか?

それは、「ゼミ生を1つにまとめ、教授とゼミ生の架け橋となること」です。

ゼミはサークルなどと違い、教授という指導者がいます。その中で、学生であるゼミ生をまとめ、先生とコミニケーションを取り、ゼミ活動を円滑に進めることが求められます。また、ゼミ長はゼミ内のリーダーであり、ゼミのトップです。そのため、

  • ゼミ生を引っ張っていくリーダーシップ
  • ゼミ生をまとめるマネジメント能力
  • ゼミ生と教授とのパイプ役となるコミニケーション能力
  • 様々な事態に対応する柔軟性

など、さまざまな力が必要とされます。
しかし、これらの力は最初から持っている必要はありません。実際にゼミ長として活動していく中で、身につけていけば良いのです。また、ゼミには先輩がいます。先輩のゼミ生がどのようなことを考えているのか?どのように行動しているのか?を聞いたり、観察するのも一つの手です。

ゼミ長は就職で活かせるか?

結論から言うと、「就職で活かせます。」
ゼミは、サークルやアルバイトとは違い、学生の本分である勉強の一環です。
そのため、就職活動の面接やESでは良いアピールポイントになります。

あとは、どのように面接官に伝えるかが鍵になります。

では、どのように伝えるべきか?その伝え方を紹介いたします。

 

こちらの記事も読みあわせてさらに知識UP!

ゼミと就職の関係を徹底解説!ゼミに入ると就活で有利?

 

ゼミ長の自己PR方法と一例

自己PRのポイントは、3つあります。
①なぜ、ゼミ長をやったのか(動機や想い)
②どのようなことをしたのか(具体的なゼミ長としての行動)
③それによりどのような結果が出たのか(ゼミ長としての成果)

これらを面接やESで盛り込むと、ゼミ長としての経験をアピールすることができるのです。

以下に、ゼミ長を自己PRの例を紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください!!


学生時代に力を入れたことはなんですか?(例)

国際経済のゼミナールでの活動です。
私は、ゼミ長としてゼミのリーダーとしてゼミを引っ張っていきました。
私たちのゼミは、学生間の繋がりが弱く、毎年半分は辞めていくようなゼミでした。
そこで、私はその課題を解決したいと思い、ゼミ長に立候補しました。
まず、最初に取り組んだのが、横(同学年)の繋がりの強化です。コミニケーションの量を増やすために、ゼミ中の座席を毎回変えたり、月に1回ゼミ後に交流会を開催しました。
その結果、ゼミ開始後から現在まで辞める人0を達成することができました。


まとめ

  • ゼミ長はリーダーシップ、マネジメント能力、コミニケーション能力、柔軟性が必要
  • ゼミ長の経験を活かして自己PRは可能
  • ESや面接では3つのポイントを意識すると効果的

ニクリーチ 詳細説明


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

[理系就活]インターンシップは理系におすすめ!? 院生になる場合は?

 

理系でインターンシップはしたほうがいいのかな、でも私は理系で院生になるしどうしよう。

という人も多いと思います。そこで、この記事ではインターンシップは理系におすすめなのかどうか、理系で 院生になる場合はどうなのか?という疑問にお答えいたします!

 

インターンシップをするそもそもの理由とは?

インターンシップをする理由としてまず初めに挙げられるのが、就活意識の向上です。就活を早めに意識できれば、それだけ自分の将来像を早めに構築することができることは言うまでもありません。

しかし、大学生活を過ごしていると大学生活の楽しさからか大学の4年間(院までなら6年間)はあっという間に過ぎていきます。そこで、就活意識を早期段階から意識に組み込めるのがインターンシップなのです。

また、就活意識といったメンタル面の変化だけではなく、インターンシップは直接内定に直結するパターンがあります。これは就活戦争においてはとてつもなく大きいアドバンテージであり、見逃すことのできないチャンスなのです

以下のインターンシップ実施企業のアンケートでは、約66.5%の企業がインターンシップから内定を出しているというデータもあります。

 

引用: リクルートキャリア https://www.recruitcareer.co.jp/news/old/2016/160216_02/

 

理系だからこそインターンがおすすめな理由

理系でインターンシップをすることをジョブアスタがお勧めする理由は様々です。

たとえば、文系の人たちは理系と違ってどんな研究ができる、どんな機会がいじれる、さらには理系ならではの理系的思考力ができる、などといったプラスアルファの知識を身につけることが難しいので、その分をインターンシップなどで補い就活に生かします。

一方、理系はその理系という強みを生かした理系就活ををするわけですが、インターンシップをすることによって今まで自分が気づかなかった自分の趣味や、自分の理系の部分以外の強みに気づくことができるかもしれません。

さらには、そもそも理系という強みを就活で持っている人たちが、インターンシップを経てプラスアルファのスキルを身につけたら企業からしたらかなりの魅力でしょう。

 

理系で院生になる場合は?

 

院生になる場合でもインターンシップはオススメです。たとえば、理系の院に行くからまだいいやという考えはおすすめできません。

院生になるとしても、院で忙しくなる前の時期にインターンシップに行っておくことによって就活間近であたふたせずに自分の方向性を決められているのはとても大きいでしょう。

 

もう理系の院生の学生にとってのインターンシップのおすすめは?

 

理系の院生だからと言って自分の専攻にとらわれることはないでしょう。

このポイントが日本における就活の強みです。インターンシップなどで自分の専攻以外の経験を積んでおくことで理系以外の文系就職も視野に入れることができます。

一方、海外では自分の専攻以外の職に就くことが普通ではないとされているので、もしも外資系で自分の専攻以外の職を考えている場合は少し考えてインターンシップを選び、下積みをしておいたほうがいいでしょう!

 

まとめ

 

◯理系の院生でもインターンシップはしたほうがいい。

◯理系で院にいく場合でも、3年生か四年生でインターンシップをしておくと良い。

◯もしインターンシップの見つけ方がわからない人は以下の記事を参考に。

 

[ニクリーチ]新時代の就活ツールの評判、使い方、参加企業はいかに

 

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

自己PRでリーダーシップをどうアピールする?例文で徹底解説!

 

リーダーシップを自己PRでアピールしたい。今までサークルで幹事長やサークルの部長、そういったリーダーポジションについてきた方なら絶対に自己PRにリーダーシップを持っているというアピールをしたいはず。しかし面接官にどうリーダーシップに関して自己PRすればいいのか悩みどころです。そんな悩みにジョブアスタが例文を用いて徹底解説します!

リーダーシップとは?

そもそもリーダーシップとはなんでしょうか。リーダーシップと言われてまず自己PRや集団面接で言ってしまったりやってしまいがちなのが独りよがりの仕切りリーダーシップ。これは一番やってはいけません。リーダーシップとは、ある団体や組織をどれくらい引っ張っていけるか、また、チームのメンバーや自分が持っている集団にいかに正しく道しるべを示してあげられるか。これがリーダーシップです。このスキルは会社の社長やCEO、大統領だけでなく皆んなが身につけなくてはいけないスキルです。

 

リーダーシップを企業が求める理由

では、なぜ企業は面接官にリーダーシップを学生に問わせるのでしょうか。リーダーシップを自己PRでアピールするときに企業はみなさんに答えとして何を求めているのでしょうか。

ずばり、答えは能動的な人材であるかどうかと具体性です。次のパートでは実際にそれをどう例文として自己PRで示していけば良いかを見ていきましょう。

 

自己PRでリーダーシップをアピールする例文

例文として自己PRで
『◯◯サークルで幹事長をやっていました。人をまとめるのが得意です。』

これでは企業からすると全国にうん万といる幹事長となんら変わりありません

これが少し能動的に、より具体的にを意識して自己PRをアピールしてみると例文としてはこのようになります。

『◯◯サークルで何人のサークルの幹事長をしていました。◯◯サークルではサークルですが幹事長としてみんなで大会を目指して練習メニューを私が作り、皆んなが練習に参加したくなるような出席の仕組みをーーのようにして作りました。その結果、△大会では関東のサークルで優勝することができました。自分で何か考えてみんなで一致団結することが好きですし、自分のリーダーシップの形だと思います。』

このように実際に数値や具体的な例、また、自分のアイデアに他のメンバーが賛同して組織を円滑に動かすことができたという事例を紹介、自己PRすると良いでしょう。

 

リーダーシップを自己PRでするときに気をつけたほうがいいこと

リーダーシップを自己PRの時に誤解して言ってしまう例としては、

◯人を管理するのが得意であるといってしまう。
◯他の人よりもリーダーシップ経験があると、経験の数を押していまう。
◯命令、指示、という高圧的な単語を使ってしまう。

こういった事例は本来のリーダーシップの意味とすれ違ってきてしまうのでぜったいに自己PRでは言わないようにしましょう。

 

リーダーシップを名乗るための条件は?種類別に解説

リーダーシップを語る上で欠かせないのがダニエルゴールマンが提唱した6つの種類のリーダーシップです。

先ほどの自己PRの例題でも示したような一つの目標をみんなで達成するためにみんなを動かすことのできるビジョンリーダーシップ。

周りのことをしっかりと理解し、それぞれに正しい指示が出せるコーチングリーダーシップ

さまざまな人がいる集団の中でそれぞれの意見をうまく取り入れて集団の意思決定を潤滑にできるデモクラティックリーダーシップ

あえてリーダーという立場では無く周りと同じ立場や目線に立ってみんなの間の潤滑油になることができるアフィリアティブリーダーシップ

自分がみんなの前に立って見本となり、みんなを魅了しつつ集団を率いていくペースセッティングリーダーシップ

最後は本当に強いリーダーを要する時にしかしてはいけないと言われている、周りに強い指示を出してまとめていくコマンディングリーダーシップ

この以上6種類のリーダーシップの自分はどこにいるのかということを考えながらリーダーシップを自己PRしていくといいかもしれません。

まとめ

  • リーダーシップを自己PRする上でリーダーシップを理解する。
  • リーダーシップを自己PRするときは具体性と能動性をアピールする
  • リーダーという立場を経験しただけの自己PRはしてはいけない。

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

[元面接官に学ぶ]リーダーシップを発揮した経験は?の回答方法や例文

就活生の方や、インターンシップの面接を経験されたことのある方なら一度は聞いたことがあるであろうこの「リーダーシップを発揮した経験はありますか?」という質問。

特にサークルの幹事長であったり、ゼミ長や部長をしたことがあるとエントリーシートに書いたならばよりこの質問はディープに掘り下げられることでしょう。また、もしリーダー経験が今までになくてもこの質問が飛んでくる可能性はゼロではありません

では、もしこのような質問をされたら、どうやってリーダーシップを発揮した経験は?に対する回答をすればよいのでしょうか。

そこで今回は、リーダーシップを発揮した経験は?という質問の意図や、どのように自分のリーダーシップをアピールしたらよいのか、自分にリーダーシップの経験がない場合はどうしたらよいのか?を元面接官で現在YOUTUBEを通じて学生等に分かりやすい就活・転職のための動画を出している宇都宮隆二さん(Utsuさん)に教えて頂きましょう。参考元のYOUTUBEはこの記事の最後のリンクからどうぞ。


元面接官: 宇都宮 隆二(Utsuさん)のプロフィール

株式会社ネクストコムの営業担当から、IT業界では異例の社会人5年目でi2テクノロジーズジャパンの執行役員に就任。その後、SAPジャパン株式会社の部長/本部長・株式会社シマンテックの本部長に就任するという経歴持つ。現在は自営業とともにYOUTUBEのUtsu-san Channelで過去に面接官だった経験と多くの大企業とお付き合いをしていた背景を元に、就活・転職に役立つ分かりやすい動画を投稿している。


おすすめ記事 

[有料・無料あり] 東京圏のプライベートジムで体験ができる所まとめ


リーダーシップを発揮した経験を問う意図とは

リーダーシップを発揮した経験を問うことは、ただ単にリーダーであったかどうかを問うよりも、組織に対して自律的に行動できる人材かどうか?を確かめる質問となっています。


このリーダーシップの経験を聞く就活面接の質問は20世紀型の最悪の質問だと思います。私からするとこれは質問がわるい。この質問の意味は組織に対して自律的に行動した経験を問う質問です。多くの就活生の皆さんはこの質問の意味がわからなく困惑してしまう。その結果悩んだ就活生の皆さんが「よくわからない副部長」に成り下がってしまっている。


 

また、この質問が来た後は必ずといっていいほどその後に深掘りの質問が来るということです。

近年はやっているコンピテンシー面接というものは、1つの質問をしたら、本当にその行動はその人のコンピテンシー力(自分で考えてそれを形にする力)を図るためにどんどん深掘りをして行くというものです。

ですので、このような深掘り待ちの質問が来た時は当たり前ですが、絶対に嘘はついてはいけません。(副部長をしていないのにしたと言う 等)

 

リーダー経験の具体的な解答例


あなたがリーダーシップを発揮した場面を説明してください。と言われた場合に語らなければいけないエピソードは、あくまでも何かの長(組織の長)であったことをアピールするのではなく、自律的に行動し、組織を刺激し、良いメンバーとしていい結果を導いた。というエピソードが聞きたいのです。


 

例えば部活動をやっていた人であれば、部長としてどう指示をし、どういう意図でどういった練習をして、どのような結果を出したのかということを論理的に語るのが一番効果的です。

また、何か自分で手をあげて変革を起こしたなどというのも自律的に行動し、組織を刺激し、良いメンバーとしていい結果を導いたという意味では一つの回答方法です。

また、サークルなどもスポーツ系では同上です。一方、文化系やイベント系のサークルの幹事長の方は数値などを用いれる場合は何人規模のイベントを開いて収益を生んだ、又は成功を収めた。と言った具体的な成功エピソードを話してみるのも良いでしょう。

面接官が聞きたいのは、要するにその出来事をどのように率いて、どのようにマネジメントしたのか。さらにはその立案はその人自身なのかということなのです。

Utsuさんの参考動画: この記事の復習にもなります。ぜひ一度ご視聴してみてください。

 

 

まとめ

○面接官はリーダー経験のある無しよりも、自律的に行動できるかを知りたい。

○リーダー経験が無い場合でも、コンピテンシー力のある体験談を話すと良い。

○面接官は自律的に行動し、組織を刺激し、良いメンバーとしていい結果を導いたというエピソードが聞きたい。

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

[決定版]就職活動でTOEICのスコアは何点必要?志望企業のスコアは?

 

TOEICのスコアがいいと就活に有利なのか

 

良く学生時代には、先輩やOB/OGの方々から必ず`英語`は勉強しておけ。とか、うちの昇給に急にTOEICの点数が必要になった….という事をよく耳にします。また、TOEICの点数が何点必要、と明示していないのにもかかわらずTOEICの点数で足切りをする..なんていう事も。さらには楽天などでは、内定後に入社までに700点取っておいてね。といった事を言われて内定取り消しの危機までも。

 

これらの事から、TOEICは就職活動や会社に必要であることが分かります。

 

では、特にTOEICのスコアは就職活動で何点必要なのでしょうか。

 

ずばり、一般的な就職活動を生き抜いていくには最低600~650、また、大手企業又の名を人気企業と呼ばれる属性の就職活動やESには700~750が最低必要になってくる。また、とってあると有利であると考えられています。

 

TOEICのスコアをどう上げる?

 

TOEICの点数を上げるのはどうすればいいのか。この質問を多々受けます。TOEICはスピーキングなどではないので、TOEIC特有の対策が必要になります。

 

ライターである私も大学入学時は500点弱、大学三年生で800点まで何とかこじつけました。

 

では、どのようにすればいいのでしょうか。

答えはそう難しくありません。

 

TOEIC攻略の流れは、

TOEICの攻略BOOKと英単語帳を勉強⇒TOEIC公式問題集を本番と同様に実施

 

これを繰り返すことで、自分の成長を実感しつつ点数を上げることが出来ました。

私が使っていた教科書をリンクしておきますので、ご参考にどうぞ。


公式TOEIC Listening & Reading問題集(1) [ Educational Testing ]

価格:3,024円
(2017/9/1 19:39時点)
感想(9件)

 

はじめての新TOEICテスト完全攻略バイブル 必携! 全パート詳説で600~850点が狙える! [ 長本吉斉 ]

価格:1,944円
(2017/9/1 19:41時点)
感想(70件)

 

TOEIC? TOEFL? 日本の就活に必要なのは?

 

TOEICの他にもTOEFLという試験があります。TOEICは日本と韓国で主に主流であるのに対して、その他の国ではTOEFLが主流であることも少なくありません。それは、TOEFLにはリスニングやリーディングの他に、ライティングやスピーキングが含まれているからです。

 

では、この事を見ると「え、TOEFL取らなきゃ」と思う方もいるかもしれません。しかし、日本の企業ではほとんどの場合TOEFLの点数を就活面接で聞かれたり、ESに欄が用意されていて欠かされるという事が少ないからです。(外資系の企業は各企業確認の必要あり)

 

さらなる理由としては、TOEFLTOEICに比べて圧倒的に良いスコアをとるのが難しいためTOEICで良いスコアを取得したほうが日本であまり難しさが知られないTOEFLで高スコアを狙うより簡単だからです。

 

各企業の就職活動または昇格に必要なスコアは?

 

では自分が入りたい企業はどうなのか、皆さん気になりますよね。

以下に各有名企業の就職活動の最低ライン(変更されている可能性があるので参考程度に)と、昇格・昇進に必要な点数(同上)を引用するので、自分の志望企業を見つけて確認してみてください。



 

就職にTOEICはいつまでに必要なのか

 

就職活動にTOEICが必要なのは上記の通り分かっていただけたと思います。

 

そこで気になるのはでは自分がいつまでに目標のスコアをとれば他の人より有利に就活を進められるのかという事です。

 

TOEICは申し込み締め切り日から、実際に受けて結果を受け取るまでに約2か月前後かかります。ですので、本当に受けたい企業のES提出の3か月前には最悪必ず申し込んでおく必要があります。

 

また、その回で目標スコアが取れるとは限らないので必ずかなり前から準備しておきましょう。大学2.3年生は他人ごとではありません。

 

以下に2018年までの試験日程をまとめておきますので参考にしてください。

 

まとめ

・就活では最低600-650、人気企業では700以上の点数が必要

・日本の就活ではTOEFLではなくTOEICで大丈夫(外資系の企業を除く)

TOEICの申し込みデッドラインはES提出3か月前

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

ニクリーチの参加企業や評判、使い方を徹底解説 !!

人事にご飯が奢ってもらえる無料サイト、ニクリーチとは?




ニクリーチとは、最近テレビCMでよく見かける人事関係のメガベンチャーであるIT企業ビズリーチが手掛けるサービスです。ニクリーチという名前が一見ネタや冗談のように見えるのですが、実はまじめで有用な就活ツールなのです。

ニクリーチでは肉食就活と称して最近急上昇中のアツい企業などの人事の人にランチスカウトのような形で普段は聞くことができないであろう人事のお話を食事をご馳走してくれながら伺えるという学生お得のサービスになっています。

参加企業は(下で深く触れますが)なかなか普段はお目にかかれない企業が多いのに、気になる利用料はなんと無料

参加している企業は現在(2017/06/19時点)で128社、総マッチング数は10000件以上に上ります。特に注目したいのが登録学生。登録学生数が50000人以上でなんとそのうちの約40パーセントが東大や早稲田・慶應などの上位大学の学生となっており、知る人ぞ知る就活ツールなのです。

 

ネット上の評判では、賛否両論でいい事を書いている人も悪いことを書いている人もいるのですが、悪いことを書いている人はスカウトメールだけを受け取って実際に企業の人事の人には会いに行っていないという印象です。ですので、ネットの評判を参考にするときは実際にMEET UPまでしてニクリーチを最後まで体験している人の評価を参考にしてみるといいかもしれません。

 

なぜこのサービスが無料なのか、タダ飯の理由とは

ニクリーチはご飯を奢ってもらえる上に、インターン内定や人事の話を聞ける驚きの就活サービスですが、どうしてこのツールを学生は無料で利用できるのでしょうか。

現在、大企業やメガベンチャー企業が新卒採用一人当たりにどれくらいお金を払っているかご存知でしょうか。ズバリ全体で平均して約45.9万円/1人かかっているのです。

参照URL:東京経済

 

ですので、大企業やメガベンチャー企業にとって学生に奢る数千円から一万円弱の費用はリクルートにおいて優秀な学生を採用するための採用コストとしてはめっぽう安いのです。特に優秀な新卒を採用したい企業は普段行う10分程度の面接などではなく、じっくりとご飯を交えながらリラックスした環境で学生と話したほうが本質的であるといえます。これがニクリーチを学生が無料で利用できる理由なのです。

気になるニクリーチの参加企業は?

参加企業はAmebaやAbema TVをやっているCyber Agentやグノシー、食べログなどのカカクコムやRettyなど急成長中のメガベンチャーや、私(筆者)はSONYからもスカウトメールをいただいたりしました。やはり登録学生が有名大学40%という事で起業も普通の就活ではかなり難関といわれている企業が集まっている印象です。学生無料のツールにしてはもったいない顔ぶれですね。

参加企業は年々増えているようなのでぜひ公式HPで大企業からベンチャー企業のニクリーチ参加企業を調べてみてください!

ニクリーチの使い方は!登録からインターン内定まで

ニクリーチに登録するにあたってまずは名前やメールアドレス、自己アピールなどを最初に記入します。自己アピールには

・今までやってきた活動や自分の長所

・自分の興味のある事

・これからやりたいことや伸ばしたい項目

等を書いてみるといいかもしれません。

そして登録して最初に学生がしなくてはならないことはこれだけ。あとは企業からのスカウトメールを待ちます。嬉しいことにニクリーチでは企業に人事の方の方から気になる学生を見つけて、向こうからご飯に誘っていただけるのです。しばらくたつと

のような選考通知メールが届きます。こうしてきた企業に興味があればこのメールのURLからリンクにとび、話を聞くボタンを押してミートアップするだけです。

あとは企業の人事の人に会ってお話をしてインターンなどの内定を狙うのみです。両者ともにリラックスした雰囲気で楽しみましょう。人事の人がある程度は話を振ってくれると思いますが、自分から自己アピールや自分がやりたいこと、自分の夢などをアツく語りましょう。相手が”お、こいつ欲しいな”と思ってくれれば勝ちです。

 

まとめ

・ニクリーチは無料で学生お得な就活ツール

・登録したら参加企業からオファーを待つだけ

・ニクリーチを使ってインターン内定⇒内々定は十分ありえる

 

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓