飲み会の会話、苦手だと思っているあなた!話題とコツ教えます。

多くの知り合いから飲み会の時に決まって聞くのが、会話に入れない、そもそもできない、できても相手につまらないと思われてしまう、など様々なネガティブな要因で飲み会での会話が苦手だという意見です。

しかし、これらはコツやちゃんとした話題をネタにすることで飲み会がぐっと身近なものになるでしょう!

 

スポンサーリンク

話せない人用、初対面での会話のコツ!

 

人の印象は初対面でその8割が決まると言われているので、最初の会話が重要になります。

ですが、

  1. 簡単な自己紹介 (名前、年、など基本情報)
  2. 少しだけ話して、あとは具体的な部分は相手の質問に委ねる方が好印象です。
  3. 基本である笑顔とアイコンタクトはマスト、声のスピードは遅めが良いです。
  4. 自分の話題をする場合も自慢話や雑学ちっくな話もあまりおすすめしません。

 

会話は言葉だけではない?

 

飲み会の時自分が質問している時あなたはどんな表情で聞いているでしょうか?

自分が会話の中で質問をして聞き側になっている時、態度によって印象を大きく左右されることが多いのでポイントをつかんで会話を楽しみましょう。

相手が話をしている時には自分がすべき基本ルールが存在します。

1.頭ごなしに否定をしない : 意見が違っていたりしても一度認めてから話を進めましょう。

2.目を見て話しを聞く

3.同意の言葉だけではなく質問を付け加える

4.人の話を遮らない

これらのポイントを抑えるだけで相手が話したいと思われるようになります。

 

飲み会の初対面で「つまらない!」と思われないネタ

多くの人が会話の中で最も苦手に感じる部分の一つに、相手につまらないと思われたらどうしようと思うという感情を持っている傾向があります。

状況は大きく分けて一対一と複数人で会話している時があるのでそれぞれ見て行きましょう!

  1. 一対一で話す時は自分の話は2〜3割程度で抑え、質問をし、途中で質問が途切れないようにいつも使う鉄板話題を飲み会の前に考えておきましょう。(趣味、仕事、学生、出身などなど)

例: 筆者は大学が地方にあったので初対面の人との会話には必ず入れていました。

 

  1. 複数人で話す場合は自信がなければ聞かれたことを答えるくらいが地雷を踏まずに乗り越えられます。

ただ、振られた話題には何かプラスアルファの情報を付け足すことで会話を続けさせる又は、相手につなげることを意識することでより会話がやりやすくなります。

例:質問されたら同じ質問をし返すことで会話を繋げる。

初めての上司や取引先との会合の場で使える話し方

会社で上司に誘われた時、必ず参加しなければならないので必ず話す話題を用意しておく必要があります。

上司の好みのお酒の種類、飲み方など料理の話は話しが盛り上がりやすいですが、自分の雑学などを披露しすぎないようにしましょう。

過去の武勇伝を相談口調で聞くことによってより話題が深まり、質問がしやすくなります。

例:入って間もないのであまりわからないのですが、上司が自分と同じ年齢の時はどういった努力をされていましたか?など

相手の話から会話を広げることでより興味を持っていると思われ好印象です。

 

まとめ

・会話の中身は大多数が質問にすると会話のキャッチボールがやりやすくなります。

・事前に質問や困った時用の話題を用意しておくととても便利です。

・聞くときの態度を重視することで相手に好印象を得られるでしょう!

 

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

SNSで毎日ニュースをCHECKできます。

コメントを残す

*