留学中に友達ができない!海外での友達の作り方5選

 

留学に行って友達が最初はできないのは当たり前。かと行って海外で友達なしで過ごすのはつらい、なのに友達ができない。そんなジレンマを打ち砕く方法を5つご紹介します。

スポンサーリンク

留学中の友達の作り方―初級編

1.大学の短期コースや、プライベートスクールの夜間コースなどに入る。

留学をまずしたら、これをするのがいちばんの近道。
外国の方は日本人に比べてシャイな人を好まない(人によりますが)傾向にあるので、気軽にはじめてのクラスなどで

Hi! How re you? Where are you from?

なんて話しかけたらファーストインプレッションもバッチリ!

その後は話が途切れないように趣味の話などを振ってみるのは日本語と一緒です。

趣味の合いそうな友達を見つけて遊びに行きましょう!

 

2.Meet up などのイベントや集まりを使う

Meet up というアプリや、現地のミートアップ用のウェブサイト等で自由参加ができるイベントにどんどん参加しましょう。

また、上記と一緒で、参加するだけではなく気軽に話しかけて見ましょう。

海外では何も言わない人はフレンドリーでない人というレッテルを貼られてしまいます。

カタール航空で人気の世界都市へお出かけください。

留学中の友達の作り方―中級編

3.ソーシャルができるバーにいく

これは少し初級編よりも難しいですし、危険がともないます。

海外のバーは日本でいうHUBみたいなところが多いですし、日本のナンパみたいなのではなく男女関係なく「よっ!どこからきたの?」みたいな話にもなったりします。

なのでこういった機会や場所をつかって友達を作るのも手でしょう。

一方で、こういったところで話しかけてくる人の中には金銭やセックス目的の悪い人もいるのできちんとどういう人か見極めるのも重要です。

4.友達に友達を紹介してもらう

これはかなりオススメです。初級編でできた友達と話している中で、友達の友達と会ったり、話が出てきたりすると思います。

とくにパーティーや飲み会に誘われたら積極的に参加して友達の友達を探しましょう!きっと気の合う友達が見つかるはずです。



 

留学中の友達の作り方―上級編


5.そこらへんにいる人に話しかける、又はヒッチハイク等で遊ぶ。

これはかなり危険が伴うのであまりお勧めできませんが、ヒッチハイク等で車に乗せてもらって話が盛り上がると友達になれるかもしれません。

しかし、ここで気をつけなければいけないのは海外の国の中にはヒッチハイクが違法の国もあるのでカナダやアメリカでは要注意です。

一方で田舎で安全なところでは結構楽しいのでオススメです。

まとめ

  • まずは安全なところから友達を
  • 積極的に自分から話しかける
  • 安全には気をつけて

ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

SNSで毎日ニュースをCHECKできます。

コメントを残す

*