就活がめんどくさいのは当たり前、内定とるのは何が一番効率いい?

色々なタイプの人が同じスーツを着て、同じことを繰り返す…そんな就活がめんどくさいのは当たり前です。そこで、この記事ではなんでそんなに日本の就活ってめんどくさいのだろうという疑問にお答えするのはもちろん、その解決策になるべく、内定とるのは何が一番効率いいのかもお教えします。

 

スポンサーリンク

なんで就活ってめんどくさいの? 理由はなんでだろう?

 就活がめんどくさい理由は大きく分けて3つあります、そんな理由を解説します。また、記事の終わりではJOBASTAなりの解決策もお教えしています。

 

1.何をしたらいいかのメドがあまりたたない

 

就活を始めよう!そろそろ就活だ!

そんなことを言われても何をしたらいいんだよ、となりますよね。

 

受験勉強の時や、学校に通っているときは何かするべきことがあってそれを先生が教えてくれていたのに

 

急に日本のごみごみした社会に投げ出されて職をさがせ!なんて言われても、かなり頭が切れる人や、ネットワークがある人じゃないと『これをすればいいんだ!』なんていうことは当然思いつきません。

 

そんな就活をしなきゃいけない!という気持ちと何から始めたらいいんだ?という気持ちが相まって、就活メンドくさいジレンマが生み出されてしまうのです。

 

 

2.就活に必要なめんどくさい書類たち

 

就活と言われてパッと思いつくのはやっぱりES(エントリーシート)ですよね。

 

今まで日本の企業についてまとめた授業なんてとったことないのに、急に日本にたくさんある企業の中から何社か宛に自分の自己アピールをしろ!なんて言われても、めんどくさいのは当たり前….

 

特にエントリーシートは企業がほかの企業へのエントリーシートを描く時間を削るために手書き指定のものもあるし、本当に嫌になっちゃいます。

 

 

 

3.めんどくさすぎる就活説明会や就活セミナー

 

何よりめんどくさいのは沢山のセミナーや就活イベントに参加しなければいけない事。

 

みんながみんな同じようなスーツを着て、みんなが全会社に第一希望を主張しながら説明会を沢山回る。

 

そんな茶番をするくらいならニートになった方がマシだ!なんていう人も出てくるかもしれません。

 

でもやっぱりいい職に手をつけておきたいですよね。だからその矛盾がめんどくさいんです

 

じゃあ、めんどくさいから何をすればいいのかとりあえず教えてくれ!

 

 

お教えします。

 

日本ではそんな就活が面倒臭い!!という人が多いことを機に、沢山の就活ツールができました。

 

就活ツールなんてどうせお金とかかかるし嫌だよ。という人もいるかもしれませんが、最近の就活ツールはビジネスプランの仕組みが

 

企業が、就活ツールの会社にマッチング成立料を払う事で運営されているので、

 

使うこちら側としてはメリットがおおきいのです。むしろデメリットはありません。

 

でも『どんな就活ツールがあるのかとか、どんな就活ツールがいいのかわからないし、無料なのにしてくれよ!』

 

という人は、

ジョブアスタが下記事で丁寧にお教えします

 

使える就活ツール比較11選【無料の就活ツールもご紹介】

 

 

 

日本の就活が海外に比べてめんどくさいのには理由がある

 

実は日本の就活は日本の企業にとってすごく効率のいい、いわばすごいリクルートシステムなんです。

 

しかし、それには就活生が沢山動かなければいけない。

 

これが日本の就活の現状です。

 

じゃあ、ほかの国はどうなの?就活時期とかはどうしてるの?

 

韓国や日本などのアジア圏を除くと、実は日本のように就活時期にこぞって企業が新卒を取るなんていうシステムはありません。

 

どうシウシステムかというと、企業が人材が欲しい時に募集して、その枠に好きなタイミングで応募する。

 

とても単純ですね。

 

当たり前のように見えて、この日本の新卒はこんな就活ができません。

 

でも、少し早めに準備しておけば、同じことがインターン探しならできます。

 

インターンというのは実は、海外から数年前に来た文化で、後者の海外リクルートスタイルです。

 

ですので、ニクリーチやwantedlyなどのツールを使って好きなインターン探しをすればきっと気にいる企業が就活なしで見つかるはずです。

 

おすすめ記事

ニクリーチの参加企業や評判、使い方を徹底解説 !!

 

 

めんどくさい就活を楽に終わらせたい解決方法は?

 

日本のめんどくさい就活について長々と話して来ましたが、上でも何度か述べたようにインターネット上のツールやアプリを使いましょう。有料の物であれば、個人でコンサルティングしてくれるところもあります。

 

こういったツールを使うことによって得れるメリットは

 

  1. ESのようなアピールシートを一枚描けばコピーして違うツールに流用できる。
  2. 待っていれば逆オファーが来るツールもあるのでめんどくさくない。
  3. 家や授業中、暇な時にポチポチ就活ができる

 

就活ツールについてもっと知りたい人はこちら

 

 

まとめ

  •  就活がめんどくさいのには理由がある
  • 日本の就活は海外に比べて実は特殊
  • めんどくさがりやさんには就活ツールがおすすめ

ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

SNSで毎日ニュースをCHECKできます。

コメントを残す

*