無人タクシーの日本での実用化は東京オリンピックの2020年? [ミニコラム]

最近ホットなワードである無人タクシーについて、日本やアメリカなど諸外国での実用化の兆しや、実際にどこまでテクノロジーが来ているのかをこのページでは、ミニコラムとして解説します。

 

スポンサーリンク

日本の無人タクシーの実用化はいつ?

 

日本での無人タクシー開発事業は様々な会社で行われてきている。

 

例えば、日産自動車とITの大企業ディー・エヌ・エー(DeNA)は2020の前半、すなわち東京オリンピックに向けて運転手を持たない自動運転機能の付いたタクシー(無人タクシー)を用いた新しい交通システムの完成を目指していると発表している。

 

また、この新しいテクノロジーの導入初期段階としては、地方等で車の運転が出来なくなった高齢者などを対象に、交通量の少ない地方からのサービス展開を考えているという。

 

REFERENCE:KYODO 

 

2020年の無人タクシー技術は日本のアピールに繋がる?

 

ロボットベンチャーのZMP(東京都文京区)と大人気キャラクターキティちゃんで有名なサンリオがコラボし、サンリオキャラクターデザインの自動走行無人タクシーが観光客を空港まで迎えに行くなんて言う粋なサービスも検討されている。

 

こういった日本の強みであるアニメキャラクター等の産業と、日本のイメージである技術発展国のイメージの推進は日本のブランディングに少なくともポジティブな影響を与えるだろう。

 

REFERENCE: AI+ 

 

 

アメリカでのGoogle社など、他の国の無人タクシー事情は?

 

以前から自動運転自動車の産業に力を入れていたGoogleや、最近タクシー業界を震撼させている新交通ITベンチャーUberなどが無人タクシー等のサービスのローンチを間近に控えているという。

 

というのも、Googleはすでに自動運転特許を2015年に米国特許商標庁で出願し終えている。

 

本格的に無人タクシーの運転をみんなが使える価格で運用し始める国はどこなのか、とても楽しみである。

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

SNSで毎日ニュースをCHECKできます。

コメントを残す

*