服装自由、指定無しの企業説明会や面接での正解コーデとは?

 

最近では珍しくなくなってきた服装指定無しの企業説明会や面接、インターンシップにおいて

どのようなコーデが正解なのかわからないという就活生の不安の種をなくするためにこの記事では就活生の多くの疑問を丁寧に解説していきます。

 

スポンサーリンク

服装自由の面接やインターンでもでもスーツで行くべき!?

多くの学生はスーツ着用が指定されていなくても、スーツを着用して面接や会社説明会、インターンシップへ向かうという話しをよく耳にします。

では実際のところはどうなのでしょうか….

結論から言いますと、服装が企業側から指定されていない場合でもスーツで向かう方が、良いでしょう。理由としてはあくまで服装自由なのでスーツの着用がマイナスに働くことは決してありません。また、スーツを着用することで気が引き締まり、そのまま次の会社説明会に向かうことも可能となるので、就活時期忙しくなる就活 生でも時間にゆとりを持つことができます。

では逆に私服(後ほどご紹介しますオフィスカジュアル以外の服装)で企業説明会や面接、インターンシップに参加するとどうなるのでしょうか。

私服を着用することで少なからず個性が出てしまいもちろんプラスに働くときもありますが、マイナスに働くこともあります。そのことを考えるとリスクを負ってまで私服にこだわる必要はないでしょう。

 

インターンや面接でオフィスでの私服といえば「オフィスカジュアル」!?

服装自由や私服の着用が指定された際自分の好きな洋服を着て言い訳ではありません。企業側の定義する私服とは“オフィスカジュアル”のことなのです。

では“オフィスカジュアル”とは一体どのようなコーデなのでしょうか 。

 

オフィスカジュアルとは一体何! ?

オフィスカジュアルには実はこれといった定義は存在しません。働く会社や環境によって異なるのがオフィスカジュアルなのです。しかし、基本的なオフィスカジュアルは存在しています。男性編、女性編に分けて見ていきます。

 

オフィスカジュアル(男性編)

男性のオフィスカジュアルの定番はシャツとチノパンやスラックスの組み合わせにビジネスシューズの着用です。春先や冬など、少し肌寒い季節にはニットやカーディガン、テーレードジャケットなどを組み合わせることで、社風を乱さずに、オシャレを楽しむことができます。ここでもやはり 先ほど述べたNGポイントには気をつけましょう。

 

オフィスカジュアル(女性編)

女性のオフィスカジュアルは男性ほどこれといった定番はありません。上はシャツやブラウス、下はスラックスやスカートなどが無難なコーディネートと言えるでしょう。スカートを着用する際にはスカートの丈に十分注意する必要があります。丈の短すぎるものは避けましょう。女性も男性同様先ほど述べたNGポイントに気をつけてコーディネートすることが大事になります 。

 

インターンや面接でこれはダメ!NGコーデとは?

男性編、女性編に分けて説明する前に、どちらにも当てはまるNGポイントから見ていきましょう。

  1. 個性的すぎる(柄ものや派手なカラーリングの服装)
  2. あまりにもカジュアルすぎる(パーカーやダボっとしたTシャツ、アクセサリーなど)
  3. 肌の露出が目立つ(胸元やお腹部分が開いている服装)
  4. だらしない、清潔感がない(シャツの裾やスニーカーなど)

以上の4点は男性、女性どちらにも当てはまります。

 

まとめ

  • 執拗に私服にこだわる必要はなし
  • 服装自由で私服を選ぶときはオフィスカジュアルで
  • 男女ともに服装のNGコーデに気を付ける

 


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

SNSで毎日ニュースをCHECKできます。

コメントを残す

*