【Twitter運営者必見】Twitter戦略で認知度UP

多くの大学のサークル、ゼミ、学生団体、研究室などはTwitterアカウントを持っているのではないでしょうか?

しかし、「うまく活用できていない・・・」「どのように運営していけば良いか分からない・・・」「フォロワーがなかなか増えない・・・」などTwitterの運営をうまくできていないという声をよく耳にします。

そこで今回は、Twitterの運営を効率よく成功させるための方法を紹介いたします。

 

スマートで効率的な Twitter アカウント運用ツール SocialDog

 

スポンサーリンク

Twitter運営の目的を明確にする

まず、なぜ自分たちがTwitterアカウントを運営しているのか?という目的を明確にしましょう。
これは、所属する組織によって違います。

多くの人に自分たちの存在を知ってもらうためなのか?
他の団体とのコミニケーションを取るためなのか?

Twitterを運営する前にどういう目的で運営するのか?を再度確認しましょう!

目的がしっかり定まっていることで、一貫性のあるTwitter運営が可能になるのです。

どんなアカウントなのかをわかりやすく伝える

次に、自分たちが何者なのか?を多くのユーザーに正確に伝えましょう!
その一つにプロフィールがあります。プロフィールはアカウントの顔です。
そこで、アカウントのプロフィールのポイントを紹介します。

プロフィール画像

プロフィール画像は、一瞬で相手に認識してもらえる大切な部分です。
プロフィール画像では、その組織のロゴやキャラクターなど特徴あるものにしましょう!
また、雰囲気を伝えたいのであれば、全員の集合写真などもおすすめです。
Twitterのプロフィール画像は、サイズが小さく、丸い形をしているので注意しましょう!

自己紹介文

自己紹介文は、自分たちが何者なのかを伝える一番大切な部分です。
この文書の内容がフォロされるかどうかに影響すると言っても過言ではないでしょう。
以下にポイントを紹介しますので、参考にしてみてください!

・自分たちの組織を表すキーワードを入れる
・自分たちの活動と関係があるワードをハッシュタグで入れる
・短くシンプルにまとめる
・自分たちの活動がわかるURLなどのリンクを入れる

フォロワーを増やすポイント

ツイート内容

ユーザーは、プロフィール画像や自己紹介文が良くても、やはり最後はツイート内容を見ます。
自分が見たくない内容や、興味のない内容ばかりツイートしているアカウントはフォローしたいと思いません。
つまり、ツイート内容が最後の判断ポイントです。そこで、ツイートのポイントをいくつか紹介します。

・毎日ツイートする
・自分たちの情報の割合は2割くらいに抑える
・ユーザーが興味のありそうな情報をRTや引用RTで発信する
・トレンドの情報をつぶやく
・ユーザーとリプライでコミニケーションを取る

以上のポイントを押さえることで、自分たちに興味を持ってくれるユーザーが増えること間違いなしです。
いきなり全てやるのは大変なので、ぜひ少しずつでも良いので実践してみてください!

 逆フォローで認知度アップ

フォロワーを増やしたい!と思って、フォロワーが増えるのを時間の経過とともに待っているだけでは増えません。
そこで、自分たちのアカウントからユーザーをフォローする「逆フォロー」をしましょう!

ポイントは2つです。

1.自分たちと似たアカウントをフォローする

2.自分たちに関心がありそうな人をフォローする

この二つのアカウントをTwitter内で検索しましょう。
また、上記のアカウントが1つでも見つかれば、そのフォロワーを辿っていくと効率良く見つけることができます。

※短期間で多くのユーザーをフォローするとTwitterから勧告を受けて、アカウントが止まってしまう可能性があるので適度にやりましょう。

まとめ

  • Twitter運営者は目的を持ってTwitterを活用すると効果的
  • プロフィール写真と自己紹介は、フォロワーの信頼を築く上でとても大切
  • ツイートは「定期的に」「ユーザーの関心ある情報」を意識する
  • 適度な逆フォローはフォロワーを増やすには効果的

ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

SNSで毎日ニュースをCHECKできます。

コメントを残す

*