サークルの勧誘で新メンバーを獲得したい方必見!マル秘テク

「サークルの勧誘を成功させたい!」

「多くの新入生に自分のサークルに入って欲しい!」

「サークルの規模を大きくしたい!」

サークルの運営者であれば、上記のような悩みを抱えているのではないでしょうか?

しかし、大学には数多くのサークルがあり、他のサークルの運営者も同じように考えています。

そこで、新入生の勧誘を成功させるコツを徹底解説します!

スポンサーリンク

チラシの作成

まず、新入生にサークルを知ってもらうために必要なのが、サークル紹介のチラシです。

そこで、サークルのチラシを作る際に気をつけるべきポイントを紹介します。

文章より写真でビジュアル重視

チラシは大きさも決まっており、載せられる情報量も限られています。
そこで、「内容を詰め込み、文字情報を多くする・・・」というのはNGです。

ポイントは、どうしても伝えたい情報を絞り、文字量を少なくし、写真などを使って雰囲気を伝えることです

そうすることで、チラシに目が止まり、「このサークルについてもっと知りたい!」「楽しそうなサークルだ!」と興味をもってもらえます。

活動内容と説明会・イベント情報を載せる

では、どのような文字情報をチラシに載せれば良いのか。
それは、「活動内容」「説明会・イベント情報」2つです。

活動内容とは、「何をしているサークルなのか」「どのように活動しているのか」です。そもそも何サークルなのかを知らないと、新入生も不安に感じてしまうのでとても大切な情報です。

「説明会・イベント情報」とは、新入生にもっとサークルを知ってもらうために、主にサークルの説明や体験をしてもらう機会のことです。
いつ・どこで・なにをやるのかを載せておきましょう

以上2つの内容を最低限載せておけば、大丈夫です。

HPやSNSのURLやQRコードを載せる

文字量を少なくして、伝えるポイントを絞ったけど、もっと伝えたい情報がたくさんありますよね?
そこで、最後にサークルのHPやSNSのURLやQRコードをチラシに載せましょう!

HPやSNSを見てもらうことで、もっとサークルについての詳しい情報を伝えることができます。「詳しい情報はこちら!」「サークルに関する情報を発信しています」といった文言と共に掲載すると、興味をもってくれる可能性が高まります。

 

勧誘方法

勧誘は、新入生のサークルのイメージに大きな影響を与えます。

勧誘の仕方次第では、「このサークルに入りたい!」と好印象を与えます。

逆に、誤った勧誘をしてしまうと、「このサークルには入るのやめようかな」と思われてしまいます。

そこで、サークルに好印象をもってもらえる勧誘方法のポイントを紹介します。

新入生の相談に乗ってあげる

新入生は、大学生活にたくさんの不安を抱えています。
そこで、一方的にサークルの情報を伝えるだけでは、新入生にとってあまりメリットはありません。
そこで、履修相談や学部別相談など、新入生がの悩みや相談に載ってあげる機会をつくりましょう

そうすることで、サークルへの印象やイメージが向上し、結果的にサークルに入ってくれる可能性が高まります。

少数人数で集団に声をかける

自分より年上が集団で歩いていると、恐怖感を覚えた経験はありませんか?
新入生にとって、先輩学生が集団で話しかけてきたら少し怖いです・・・
そこで、なるべく声をかけるときは1人〜3人くらいの少人数で声をかけましょう。
また、1人でいる人よりも複数人でいる新入生に声をかけましょう。

複数人でいると、一度に多くの人にサークル情報を伝えらえます。

また、メンバーの1人が興味無くても、他のメンバーが興味を持ち、話を聞いてくれる可能性があるからです。

サークルの強み(売り)を伝える

サークルは大学に数え切れないくらいあります。
また、活動内容が同じようなサークルが存在し、同じように新入生を勧誘しています。
そこで、自分のサークルの特徴をしっかり伝えましょう!

女子が多い!参加率が高い!イベントを毎月やっている!何かで表彰された・・・
など強みを伝える事で、自分のサークルを選んでくれるきっかけとなります。

SNS(Twitter)で情報発信

新入生の多くは、サークルを含めた大学に関する情報をSNS(Twitter)で収集しています。

その為、サークルの活動内容を伝える上でSNSは必要不可欠です。

そこで、SNSをどのように活用すべきかのポイントを解説します。

動画や画像を使って、楽しさをアピール

やはり、サークルの雰囲気や活動内容を分かりやすく伝えるには、動画や画像が有効です。
合宿の様子、イベントの様子、普段の練習の様子など、動画や画像を使って情報発信をしていきましょう。

動画や画像で楽しさや雰囲気が伝われば、新入生も入るイメージがしやすくなります。

新入生をフォローし、コミニケーションをとる

新入生を逆フォローすることで、「こんなサークルあったのか!」と知ってもらえるチャンスが増えます。
「春から◯◯大学」などサーチをかけて、プロフィールなどの情報から、自分に興味をもってくれそうな人をフォローしましょう!
また、何かリプライなどがきたら、できるだけ返信してあげましょう!
ただし、やりすぎは注意です!適度にやることをおすすめします。

食事会や説明会を開催

新入生に自分のサークルを知ってもらえたら、次はサークルに入ってもらうための最後の一押しです。
サークルの詳細を伝える説明会を開催したり、雰囲気を知ってもらうために食事会を開催しましょう!

 恩を与える

「御恩と奉公」という言葉があるように、人は御恩を受けたら、何かしらの形でお返しをしたいと思います。

そこで、新入生に恩を与えましょう!

ご飯をおごったり、履修相談に乗ることで恩を与え、新入生にはサークルに入るという形でお返しを期待できます!

雰囲気を知ってもらう

やはり、実際にサークルの雰囲気を知ってもらうことは、何よりも大切です。

どんな先輩がいて、普段はどのような活動をしているのか?を伝え、体験してもらいましょう!

そこで良いイメージを持ってもらえれば、サークルに入ってもらえること間違いなしです。

人脈を作ってもらう

新入生の大きな悩みの1つとして、友人関係があります。
そこで、新入生同士が仲良くなるきっかけとなる会にすることが大事です。
また、先輩と後輩の関係を作ることも大事です。

そうすることで、「このサークルにはこの人がいるから自分も入る!」や、「この先輩がいるから自分も入りたい!」と思ってもらえます。

まとめ

  • チラシでは伝えることを絞り、視覚的に訴える
  • 新入生目線で勧誘することで、サークルの信頼度アップさせる
  • SNSで積極的に情報発信で認知度をアップさせる
  • 新入生にサークルを体験してもらう機会を与えて、サークルに入会を後押し

ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

SNSで毎日ニュースをCHECKできます。

コメントを残す

*