1dayインターンシップの意味・内容とは?服装・お礼状・内定まで

スポンサーリンク

1dayインターンシップの意味

 

1dayインターンシップ意味とは、その名前の通り、1dayでのインターンシップです。インターンシップには、短期・中期・長期と様々な種類の物がありますが、1dayインターンシップは短期インターンシップの中でも最も短い半日から1日のインターンシップになります。中長期のインターンに比べて沢山の企業が実施しており、インターンシップの中では手軽なものといえるでしょう。

1dayインターンシップの内容とは

1dayインターンシップは他の中・長期インターンに比べて期間の短さゆえに内容の深いものはあまり実施できません。その短い期間の中でも実施できるインターンとなると、インターンの形もパターンが分かれてきます。今回はそのインターンの形を内容別に、企業説明型・ワークショップ型・見学型に分けて考察していきましょう。

 

企業説明型

企業の幹部クラスの方がその企業の内容について説明し、その後質問対応・軽い食事会

懇談会をするといった形です。企業側の目線で見ると、椅子を並べて企業のアピールを沢山の学生にできるので、企業にとっては優秀な学生の大規模な名簿集めとしてかなりの利益でしょう。また、学生にとっては企業の概要を大まかに知れる事・普段分からない詳細な事業内容を知れるというメリットはあるものの、本当の雰囲気や細かい企業の本質を知るには少し物足りないというデメリットもあります。

ワークショップ型

1dayインターンシップに参加したインターン生がグループを組んだり、チームでプレゼンをすることによってワークを通じて企業を知るといったものです。企業説明型に比べると企業へのアピールのしやすさでは上ですが、成長を感じれるかというと1日では少し限界があるでしょう。

見学型

基本的に形は企業説明型と同じですが、インターン生対応室や会議室以外にも工場や実際に仕事をしている場所を見られるという意味では、雰囲気を知る意味で良いでしょう。企業説明型同様、食事会や懇談会がある企業もあります。

 

1dayインターンシップは内定と関係あるの?

1dayインターンシップから内定に繋がるなんて、そんなコスパのいいものなんてあるの?と思う方も多いと思います。ずばり、インターンシップの中でも1dayインターンシップでの内定の取得は確率的に低いでしょう。しかし、前述したように1dayインターンシップには懇談会という名前の優秀な学生の青田買いイベントがあります。また、一部企業ではそういった一部の学生のみを読んで行う裏懇談会があるところもあるそう…

引用JOBWEB

ですので、基本的には1dayインターンシップは内定を取りに行くというよりは、少し気になっている企業の様子見として使うのが良いでしょう。より長いインターンはより内定を生みやすいので、内定を取りたい企業が決まったら中長期インターンに参加してみるのもいいでしょう。

1dayインターンシップに行く際の準備・服装は?

1dayインターンの準備はしっかりしていきましょう。特に服装に関しては、企業の指定があればもちろん指定通りの恰好で行きましょう。基本的には、1dayインターンシップの前にメールやアプリケーションで企業から案内のメールやメッセージが届きます。忘れずにチェックをし、指定通りの服装で行きましょう。(一人だけ浮いたら恥ずかしいですよね…)また、気になるのが服装自由や特に指定のない場合。服装自由といわれると私服でいいかと思いがちですが、スーツで行くのが安全です。さらに、困るのが私服指定の場合、こういった場合は私服で行きましょう。指定されたら必ずそれに従う事。意外と重要です。ただし、襟付きなどのシャツなど、ビジネスカジュアルが安全です。

 

1dayインターンシップのお礼状(お礼メール)は必要?

1dayインターンシップであれば、お礼状ほどのものは必要ないでしょう。懇談会などで連絡先をいただいた場合などは必ずお礼メールなどを送るようにしましょう。インターンシップでは、小さな努力が大きな内定に繋がることもあります。

 

まとめ

・1dayインターンシップには企業説明とワークショップ型がある

・1dayインターンシップで内定をとれることは稀だが、企業見極めには良い

・服装は企業の指定に従う事。


ジョブアスタ厳選!就活サービスで内定ゲット!! 詳しい詳細はこちら↓↓↓↓↓

SNSで毎日ニュースをCHECKできます。

コメントを残す

*